サラダ油 (サラダ・オイル) - 食用油の知識

サラダ油 (サラダ・オイル)

サラダ

日本のほとんどの家庭のキッチンに常備されているサラダ油ですが、実はこれは日本独特の商品です。つまり、日本のJAS規格に適応しているかどうかで
サラダ油と名乗るかどうかが決まります。その条件はまず、原材料が菜種・綿実・大豆・ごま・サフラワー・ひまわり・トウモロコシ・米・落花生のいずれかであること。ちなみに、このうちの2種類以上を合せて作られたものは、調合サラダ油と呼ばれます。さらに、低温でも固化しないように脱ロウ工程を経て作成されており、その作成もJAS認定工場で行われなければなりません。

ではなぜこうした油をサラダ油と呼ぶかというと、低温でも固まらないために、サラダのドレッシングなどに使いやすいということからです。揚げ物や炒め物に使う場合、油は熱した状態で使われるため気になりませんが、一般的には油は低温になると部分的に固まってしまいます。サラダ油はそれを防ぐために脱ロウ工程を行っているため、ドレッシングやマヨネーズに使っても美味しく食べることができるというわけです。

その代り、安価で大容量のサラダ油を生産するために、原料となる菜種などから科学的に油を抽出しています。酸化や熱に強い菜種を使ったキャノーラ油の人気が高まっていますが、安価な調合サラダ油には大豆を使ったものも少なくありません。いずれにしても、サラダ油はあまり特定の臭いや味がないほうが好まれる傾向があるため、クセのある植物の油は他の油と合わせることも珍しくないのです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional