アーモンドオイル - 食用油の知識

アーモンドオイル

アーモンド

アーモンドオイルは、お菓子やケーキなどに使われるアーモンドから抽出したオイルになります。アロマテラピーでエッセンスオイルを希釈するキャリアオイルとしても良く使われるオイルですが、実はこのアーモンドオイルそのものにも有用な成分が豊富に含まれているのです。

まず、アーモンドオイルは非常に抗酸化作用の高いオイルです。そもそもアーモンドは抗酸化作用に優れたビタミンEを豊富に含むことで知られる食品。このアーモンドから抽出したアーモンドオイルにももちろんビタミンEはたっぷり含まれていますし、その他オレイン酸やビタミンA、ビタミンBなどが含まれています。オレイン酸とは、不飽和脂肪酸の一種で、コレステロールを下げたり、生活習慣病を予防する効果がある成分です。

アーモンドオイルは、食用にしてもかまいませんが、キャリアオイルとして使ったり、美容オイルとして使うのが一般的です。乳液のように肌に薄く延ばすことで、高い保湿効果を発揮するだけでなく、メラニン細胞の生成を抑制するなどの美白効果も発揮します。もちろん抗酸化作用によってアンチエイジング効果を発揮し、若々しい肌をキープするのです。
さらに、消炎効果もあるので、日焼けによる炎症を鎮めたり、ニキビなど肌の吹き出物の解消にも使えるオイルです。赤ちゃんにも使える優しい成分であり、クレンジングとしても使えるので、市販のオイルクレンジングでは肌に負担がかかるという人にもよいでしょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional