月見草オイル - 食用油の知識

月見草オイル

月見草

月見草オイルは、ツキミソウやメマツヨイグサと呼ばれる植物の種子から抽出した油です。日本ではほとんど生育しない植物なので、あまり馴染みがないかもしれません。この月見草オイルが健康に良い油として注目を浴びたのは、そこに含まれるγ-リノレン酸を豊富に含んでいることが知られるようになったためです。

このγ-リノレン酸は必須脂肪酸のひとつで、生活習慣病の予防や、アトピー性皮膚炎の改善効果などがあると考えられています。体内で生成できない必須脂肪酸のひとつですが、母乳などには含まれているものの、植物にはなかなか含まれていないため、摂取が難しい成分のひとつだとされていました。しかし、月見草の種子にγ-リノレン酸が含まれていることがわかり、その後は月見草オイルやサプリメントとして広く利用されるようになったのです。
また、月見草オイルはγ-リノレン酸のほか、リノール酸も豊富に含んでおり、健康効果が期待できるオイルになっています。

ただし、γ-リノレン酸もリノール酸も熱には弱い成分です。そのため、激しく加熱するような料理には向きません。体に良いからといって、揚げ油に使ったり、炒め油にすると、月見草オイルが変質してしまい、期待した効果が発揮できなくなるため、出来るだけ加熱せずに使えるドレッシングやマリネなどにして口にするようにしましょう。また、開封後はしっかり栓をして酸化を防ぎ、賞味期限に関わらず早めに使い切ることも大切です。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional